2022-12-09
Breaking News

高齢者に快適な暮らしを提供する介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームと呼べる施設は、都道府県から介護保険サービスの特定施設入居者施設介護指定を受けている老人ホームの事を言います。食事や健康管理をはじめ、入浴や排泄などの介助と生活に必要な掃除や洗濯などの援助など介護スタッフによるサービスは、どの施設であっても同じですが、入居条件などを施設独自で設けている場合もある事に注意が必要です。施設には、医療機関と連携をし認知症や胃ろうなどの医療ケアを受けられる施設や介護専門としている施設、混合型と言い自立した生活ができる健常者も入居できる施設などさまざまなタイプがあります。そのため、持病などにより医療ケアが必要としている人が介護専門の施設に入居した場合など、適切な医療を受けられないなどのトラブルが生じる場合があるため、入居者の要支援や要介護のレベルのほかにも疾病などの状況に応じた施設を選ぶ事が重要と言えるでしょう。

医療ケアが必要な人は、医療機関との連携がありすぐに診察などが受けられる施設が安心と言えます。介護保険施設とは異なり、入所一時金のほかにも家賃や光熱費、食品などの月額利用料や必要に応じておむつ代などの雑費も必要となる事も知っておく必要があります。特定施設入居者施設介護指定を受けているため、介護スタッフや看護スタッフの配置人数が決められ十分な介護サービスが受けられるのが大きなメリットと言えます。また、介護付有料老人ホームによってはタイプや入居条件も異なる事から、事前にしっかりと説明を受けておくことが肝心です。