2020-10-23
Breaking News

介護業界の現状と将来性

介護業界の現状としては、人手不足が大きな課題となっています。高齢者の数に対し、介護をする側の数が足りず、多くの施設で入居待ちという状態が続いています。また、人手不足により十分な介護サービスを受けられないケースも見られます。人手不足が深刻化すると、職場にも悪影響となり現れてきます。介護施設の場合、24時間体制で入居者のお世話をしなければなりません。深夜のシフトなど、働き方が不規則になってしまいますが、人手不足の職場では一人ひとりの負担が大きくなってしまいます。負担が大きくなると離職率が上がり、更に人手不足に陥るという悪循環が最大の問題です。

人手不足が続く介護業界ですが、施設ごとで労働環境改善の取り組みを行っているところも出てきています。離職率を低くするための工夫ですが、これが人手不足を解消し、結果的にサービスの向上に繋がり、介護を受ける側の満足度のアップに繋がります。介護業界で長く働きたいという方は、具体的な人手不足の取り組みをしている施設を探すのも一つの手段です。また、介護業界は今後も需要が高まっていくと考えられている業界です。高齢者の増加に伴い、介護希望者も増えていきます。このため、仕事がなくなるという事態は考えにくいとされています。需要の高まりとともにサービスも多様化しているので、一口に介護業界といっても働き方は様々です。自分に合った職場や働き方を見つけ、長く働くことが可能な業界ともいえます。